事レポート

この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

2016年海外語学研修(シドニー・ホームステイ No.3)

投稿日2016/7/26


平日の午前中は、研修先のUniversity of Technology,
Sydney(UTS)で、9:00~13:00(休憩30分)の3時間半授業を受ける。
2クラスに分かれており、Simon先生のクラスとEric先生のクラスがある。
Simon先生は生徒の日誌によると「怖い」先生であるようだが、高校の授業でも扱う比較級や最上級の勉強をしたり、さまざまなテーマで発表なども行っている。
一方のEric先生は「優しい」先生であるようだが、みんなで歌ったり、アルファベットから始まる語をできるだけ多く書くゲームをしたり、生徒が行きたいと思っている国や地域について発表をしたりしている。今後も様々なことをやっていくようだ。

13時に授業が終わると、基本的に自主研修となる。まず昼食となるわけだが、「食は気持ちを安定させる」というコンセプトのもと、希望者と一緒に日本でなじみのあるものを食べに行く計画を立てた。
月曜日はうどん屋、火曜日はラーメン屋、水曜日はステーキ屋に行った。
しかも物価が高いオーストラリアで比較的安めの10ドル前後で食べられる店を選んだ。かなり多くの生徒が参加した。
朝夕はホームステイ先で食事を取るが口に合わないものもでてくることがある。それもホームステイでは当然のことではあるが、1日1食は慣れたものを食べることで気持ちも落ちつくのではないだろうかと考えた。

昼食後は、それぞれがさまざまなところに行って自分たちで行動している。
その後、ホームステイ先に電車やバスを使って帰宅する。平日はこのような1日を送っている。
 

Copyright © 2022 Kinjo Gakuen High School. All Rights Reserved.

error: