ドミントン部

badminton

動紹介

目指せ、関東・全国大会!

2018年度、2019年度
2年連続関東大会 女子出場!

勝つぞ、錦城学園!(`・ω・´)ノ

〔外部リンク〕TOKYO MX 「3年生は負けたら引退 バドミントンIH予選」
https://www.youtube.com/watch?v=vOyzGcA_zQs

中学生の皆さんへ【令和4年度体験入部のお知らせ】

*「体験入部・練習見学」をご希望の方は、本校までお問い合わせ下さい。
※ 入部をお考えの方は、入学後のミスマッチを防ぐ観点から「体験入部・練習見学」をお勧めいたします。
※ 途中からの参加、途中退出も可能ですのでご相談ください。

以下、各日2名までとなります。
10月1日(土)~2日(日) 錦城祭(個別相談可)
10月3日(月・代休) 9:00~17:00千代田区スポーツセンター
10月4日(火) 15:50~19:00
10月5日(水) 15:50~19:00
10月8日(土) 第1回授業公開(個別相談可)
10月9日(日) 大会/15:00~18:00
10月10日(祝) 12:00~15:00
10月11日(火) 試験1週間前
10月16日(日) 大会
10月18日(火)~20日(木) 中間試験
10月22日(土) 第1回学校説明会(個別相談可)
10月23日(日) 15:00~18:00
10月25日(火) 15:50~19:00
10月26日(水) 15:50~19:00
10月30日(日) 大会/9:00~12:00(未定)

※練習中の写真・動画撮影は固くお断りします。
クラブについてご質問がある場合は、
電話03-3291-3211 または メールkinjogakuen_ao@kinjogakuen-h.ed.jp
でお問い合わせください。
なお、「お名前」「中学校名」「連絡先」の明記(伝達)をお願い致します。(不審電話・メールによる混乱防止のため)

クラブ紹介

「スポーツ奨学生制度」の適用あり。
(詳細については、「入試情報」(奨学生制度)をご覧いただき、本校顧問までお問い合わせ下さい)

《主な大会実績》

※『東京都高校新人大会兼全国高校選抜大会都予選東ブロック大会団体戦(女子)』
H29年都ベスト8、H30年都第3位、令和元年都ベスト8、令和2年都ベスト8、令和3年東京都第3位
※『東京都高校新人大会兼全国高校選抜大会都予選東ブロック大会団体戦(男子)』
H29年都ベスト8、H30年都ベスト8、令和元年都ベスト8、令和2年都第3位
※『東京都新人戦Ⅰ部大会兼関東選抜大会予選個人戦』
H29年女子シングルス都ベスト16、H30年女子ダブルス都ベスト16(2ペア)、女子シングルス都ベスト16、令和2年男子ダブルス都ベスト16、男子シングルス都ベスト16
※『東京都春季大会兼関東大会予選大会団体戦(女子)』
H29年東京都ベスト16、H30年東京都ベスト4(関東大会出場)、令和元年東京都第5位(2年連続関東大会出場)、令和3年東京都ベスト16、令和4年第6位
※『東京都春季大会兼関東大会予選大会団体戦(男子)』
H29年第7組第2位、H30年都ベスト16、令和元年第7組第2位、令和3年東京都第6位、令和4年第8組ベスト4
※『東京都高校総体兼全国高校総体予選個人戦』
H25年女子シングルス都ベスト16、令和元年女子ダブルス都ベスト16(2ペア)令和3年男子シングルス都ベスト16・女子シングルス都ベスト16・女子ダブルス都ベスト16、令和4年女子ダブルス都ベスト16
※『東京都高校総体兼全国高校総体予選東ブロック大会団体戦(女子)』
H29年A組第2位、H30年都ベスト8、令和1・3年第3位、令和4年第3位
※『東京都高校総体兼全国高校総体予選東ブロック大会団体戦(男子)』
H29年D組第2位、H30年都ベスト8、令和元年ベスト8、令和3年ベスト7
※『東京都バドミントン選手権大会個人戦(ダブルス)』
H28年男子第3位、H30年女子第3位、男子ベスト8
※『東京私立中高協会第一支部球技大会』
H28年女子準優勝、H29年女子優勝、H30男子優勝・女子準優勝、令和元年男・女優勝
※『東京都新人戦Ⅱ部(公式戦未出場者)大会』
H28年男子シングルス第3位、H29年女子シングルス優勝

======================================

★【部員出身中学】(重複あり)★

*渋谷区立松濤中*板橋区立志村第二中*葛飾区立高砂中*中野区立北中野中*新宿区立牛込一中*荒川区立諏訪台中*杉並区立井荻中*練馬区立大泉中*東大和市立第四中*府中市立府中第三中*西東京市立田無第四中*町田市立鶴川中*足立区立伊興中*大田区立馬込中*台東区立浅草中・江東区立深川第三中・江戸川区立小岩第三中

★チーム目標を『関東・全国大会出場』に置いています。ゆえに生徒のレベルや実績に比べると、練習自体はかなりハードです。バドミントンの経験年数や中学時代の実績、練習環境や部員数も強豪校どころか公立高にも劣りますが、年間で延べ250人を超えるOB・OGや外部指導者(「全日本」各種大会出場者)の方々にご来校いただき、熱い指導を受けながら、本気で関東・全国大会出場を目指して日々の練習に励んでいます!

★バドミントンは個人競技ですが、「自分だけ」で上手くなるわけでも強くなるわけでもありません。苦しい場面で支えになる心の強さやチームへの想い、仲間への信頼感が求められます。よって、目先の結果や戦績を求めるのでなく、多くの方や仲間に支えられているという感謝の気持ちを忘れないこと、日常生活や学校生活・部活への取り組み方、先輩後輩の関係、目上の方への挨拶・礼儀なども指導しています。そして何よりも、部訓の『気合と根性』を試合で体現できるように、練習時から活動しています。
バドミントン部は、本当に多くの方々に物心両面で支えられて活動することが出来ています。その期待に応えられるよう、感謝の気持ちを忘れずに頑張っていきます!

部員数
男子 3年4名、2年1名、1年3名
女子 3年3名、2年6名、1年4名
練習日
火・水・日(体育館)
月・火・金・土(トレーニング)
木(OFF)
※上記は基本的な練習予定です。長期休業中は外部体育館を利用することが多くなります。

活動記録

‘22.9/23 東京都新人戦Ⅰ部大会兼関東選抜大会都予選大会決勝トーナメント(ダブルス)

◆女子◆
《横山・猪口》
(ベスト16)
1回戦 ●0-2 淑徳巣鴨
*新人戦の個人戦ダブルス東京都決勝トーナメント(ベスト16~)が行われました。
予選第4組を勝ち抜きこの日に駒を進めた横山・猪口は、抽選の結果第2シードとの対戦となった。
出だしにリードされ追いかける展開で進んだが、10-11のインターバル明けに3連続失点。その差を埋めることが出来ずにこのゲームを落とすと、第2ゲームは一方的な展開となり来年度インターハイ予選シードを得られるベスト8進出はならなかった。第2シードの強豪相手だったとはいえ、この壁を乗り越えるにはまだまだ力量不足であると痛感する内容だった。
チームとしてもっと意思の統一を図り、このあと行われるシングルスや団体戦に向けて意識を持って練習していこうと思います。
ご声援、ありがとうございました。

活動記録 一覧

Copyright © 2022 Kinjo Gakuen High School. All Rights Reserved.

error: